基幹システムとの連携によるチラシ作成の効率化不動産チラシ作成、審査ソリューション

  • 不動産チラシ
  • 審査
  • 印刷発注

課題

魅力ある物件チラシを作成するためには、地域の情報を熟知した現場のナレッジを活用することが必須となります。一方で、次のような項目も必要とされています。
  • 刻々と変化する価格などの不動産情報をリアルタイムに正確にチラシに反映すること
  • 顧客にとってわかりやすく企業のイメージを損なわない品質であること
  • チラシ作成作業によって、営業活動の効率化が阻害されないこと
  • コンプライアンスを遵守した内容であること
しかし、手作業でのチラシ作成になると上記を守ることが難しく、かつ作成・審査作業に多くの時間を割いてしまいます。
課題イメージ
  • 金額や物件概要の記載ミスが多い
  • 誤解を与えない適切な表現の確保が必要
  • 審査業務に時間がかかる
  • チラシ作成の外注コストがかかる

解決策

解決イメージ

ソリューションのご提案

基幹システム(物件データベース)と連携して物件チラシに正確な最新物件情報を自動的に流し込むことにより、作成の効率化を図ると同時にコンプライアンスリスクの低減も実現します。また、物件チラシ作成時に禁止語句チェック機能を利用することで、使ってはいけない文言をハイライトで表示し、注意喚起をすることもできます。
審査時には、営業が編集した箇所が差分として表示され、物件チラシ審査業務の効率化も図ることが可能です。 物件チラシ以外にも販売図面やDM、小冊子などのドキュメントも対応します。

  • 基幹システム(物件データベース)との連携による作成業務負荷/ミスの削減
  • 差分チェック/禁止語句チェック機能によるコンプライアンスリスクの低減
  • チラシ以外に販売図面や小冊子も作成可能
ソリューションイメージ

想定効果

  • ミスのない正確なチラシの作成
  • 作成時間の短縮
  • 審査業務の効率化、審査時間の短縮
  • 外注費用の削減

このような企業様におすすめです

  • 物件チラシの品質にバラつきがある
  • 営業店を多く持つ企業様
  • 物件チラシを多く出している企業様

導入事例

不動産業 A社様 物件チラシ作成

導入前の課題
営業がチラシを手作業(ExcelやPowerPoint)で作成しており、作成業務に負荷がかかっていました。また金額や物件概要の記載ミスが発生していました。作業工数を削減するために外注に依頼しても、校正のやりとりに時間をとられたり、コストがかかってしまい課題解決にはつながりませんでした。
導入後の効果
物件情報も自動的にチラシに連携されるため、入力の手間・ミスが削減されました。また、作成時間も導入前数時間かかっていたものが、導入後は数十分となり、大幅に作業工数を削減することができました。

導入ソリューション:ソリューション名

お問い合わせ

ページ
TOPへ